カーボンニュートラル・チェックシート

  No. 質 問 確認 解 説
現状把握(認識・知識) 1 エネルギーの種類別(注)に毎月使用量を整理していますか(注)電気/灯油/軽油/都市ガス等の別 エネルギー使用量の把握には、電力会社等からの明細が有効です。月別推移、前年同期との比較などを可視化することにより改善点が見つかります。
2 事業所のCO2の排出量(年間)を把握していますか 自らの事業所のCO2排出量を把握することがカーボンニュートラルへの出発点です。燃料等使用量からCO2排出量への換算が可能です。
以下を参考にしてください。
温室効果ガス排出量の算定方法
企業CO2排出量診断(参考元:しまねエコライフ推進会議)
3 事業所の電気、燃料の使用量を用途(注)別に把握していますか(注)部門、工程、設備 多くの場合、電気や燃料の使用量を示す計量器は細かく設置されていません。そのため、用途別の使用量を求めるためには、計算による推計を行うか、可搬式計器による計測が必要です。そのようにして使用量を用途別に把握すれば、CO2発生量の多い用途を絞り込むことができます。
取り組み状況(行動・意識) 4 省エネルギー対策の検討・外部診断を受診したことがありますか 外部診断を受診することによりCO2削減率の大きな改善点を見出せます。省エネルギーセンターおよび地方自治体が省エネに関する診断を実施しています。
一般財団法人省エネルギーセンター
省エネお助け隊
5 省エネルギー・カーボンニュートラルを目的とした設備投資に、補助金が活用できることを知っていますか 様々なカーボンニュートラルに関連する補助金制度があります。
一般社団法人環境共創イニシアチブ
一般社団法人温室効果ガス審査協会
6 中小企業のカーボンニュートラルへの取組事例を知っていますか 以下の中小企業の取り組み事例が参考になります。
中小規模事業者のための脱炭素経営ハンドブック
計画策定(計画・予想・今後の方針) 7 カーボンニュートラル実現に向けた政府の取り組みを知っていますか カーボンニュートラルへの挑戦が、産業構造や経済社会の変革をもたらし、大きな成長につながるという発想で、日本全体で取り組んでいくことが重要です。
脱炭素ポータル
8 自社で太陽光など再生可能エネルギーでの発電を検討しましたか 再生可能エネルギーは電気に変換して使用するのが使いやすく現実的です。その中でも、最も着手しやすいものが太陽光発電となります。
一般社団法人太陽光発電協会
9 再生可能エネルギーで発電した電気を購入することを検討しましたか 自社で再生可能エネルギーを発電できない場合は、再生可能エネルギー発電を行っている小売電気事業者から電気を購入できます。
これにより、自社にあった電力会社の選択が可能となります。
電力小売全面自由化
10 【製造業向け】
バイオマス燃料等を使用することで、CO2を削減ができることを知っていますか
バイオマス燃料も再生可能エネルギーです。建築廃材、製材廃材などをチップにしたものなどがあります。また、再生可能エネルギーは電気で利用することが多く、中期的には化石燃料利用の設備から電気利用の設備に切り替えることもCO2削減に貢献します。
11 再生可能エネルギー発電(自家使用)や再生可能エネルギー電気の購入ができない場合、あるいはそれだけでは不足する場合…再生可能エネルギーの環境価値を購入できることを知っていますか 再生可能エネルギーによる電力を使用していなくても、グリーン電力証書(注)で環境価値を購入することにより、再生可能エネルギーを使用しているとみなされます。(注)環境価値をグリーンエネルギー証書として証書化すること
証書の購入はグリーン電力の発電設備の建設、維持、拡大に貢献します。
グリーンエネルギー認定制度
J-クレジット