支援

従業員のコロナワクチン接種推進に最大5万円:名古屋産業振興公社

2021年 11月 15日

名古屋産業振興公社は、従業員らのコロナワクチン接種を推進する市内の中小企業などに対し、給付金を交付する。金額は、市内の事業所で雇用している従業員(雇用保険被保険者)数に応じて決められており、最大5万円。申請受け付けは11月30日まで。

対象となるのは、市内に本店(個人の場合は住所地)・事業所がある中小企業や個人、従業員数300人以下の社会福祉法人などの法人で、従業員に対してワクチン接種をしやすい環境の整備を進めたり接種を奨励したりした者。1事業者あたりの交付金額は▽従業員数0人=1万円▽従業員数1~5人=3万円▽従業員数6~20人=4万円▽従業員数21人以上=5万円—の4区分。従業員数0人の場合は、申請日までに代表者がワクチン接種をしていることが交付の要件。

詳しくは名古屋産業振興公社のホームページへ。

関連リンク