業種別開業ガイド

システム(IT)コンサルタント

  • システムコンサルタントとは、企業の経営・業務に関するスキルをもとに、経営戦略や経営目標に関わる課題に対し、情報戦略やシステム(IT)化による具体的な解決方法の提示や、必要な情報システム構築の支援を行なうものである。したがって、ITによって解決できない領域は対象外の業務であり、見方によっては特化型経営コンサルタントともいえよう。
  • こうした職務は、経営コンサルタントやシステムエンジニア(SE)がカバーしていた。しかし、経営コンサルタントは昨今の厳しい経営環境の変化に追われ、SEは日々進歩するITを理解するだけで膨大な時間が必要となり、両者がカバーしきれない領域が発生するようになった。システムコンサルタントが軸足を置くのはビジネスであり、ITに関しては専門家ほど深い知識を持たなくてよい。むしろ、ITによって何ができるかを知り、それをビジネスに活かす能力が必要とされている。
  • IT関連のコンサルティングにはさまざまなレベルとアプローチが混在し、玉石混交といえる。1つの判断基準として、コンサルティング料をシステム構築費用とは別の独立した項目で顧客に請求していることが、システムコンサルタントと情報システム会社との境目とも考えられる。

1.起業にあたって必要な手続き

システムコンサルティング業務を行なうために公的な資格を取得する必要はない。また、クライアント企業に常駐する形態をとれば、事務所などの設備投資も小規模に抑えられる。

規模なコンサルティング会社や自営のコンサルタントなどでは、システムコンサルタントとSEの役割を1人で担うことも多いが、能力の高い技術者をいかにマネジメントするかが重要になる。コンサルティングの業務内容も多岐にわたり、プロジェクト受注では先行運転資金の負担も発生するため、創業者本人の業界知識の他、人脈や資金面のストックも必要になる。

したがって、独立系のシステムコンサルティングを行ない相応の業績を上げるには、一般的には下記のような条件が求められる。
 ・幅広い人脈を形成する
 ・コンサルティング業務のみでは売上が安定しないため、システム開発やネットワークエンジニア業務などの関連業務を受注する
 ・プロジェクト案件を抱えると、クライアントからの入金までに時間がかかるために、相応の資金負担に耐えられることも必要である
 ・技術力の高いスタッフが必要になるが、経営資源に限界があるため、事業領域を絞った少数精鋭による業務運営を実現する
以上のような条件が求められるため、創業者は創業前に大手IT関連会社などでの多年(20年程度)の勤務経験があることが多い。

また、システムコンサルタント業務では、先進的な技術の採用と、もっとも進んだやり方を考えるよりも、コンサルティングによって問題の構造を明らかにし、何を、どの順番で、どのように実行していけば目指すべき姿に到達できるか明らかにするとともに、明日から実施すべき具体的な解決策実施のステップが描けていることが重要である。

【最近のトピックス】
大手ITコンサルティングファームでは、クライアント企業のシステム再構築に伴い、ERP※関係のシステムコンサルティングが盛んである。
※ ERP(Enterprise Resource Planning):「企業資源計画」と訳される。企業全体を経営資源の有効活用の観点から統合的に管理し、経営の効率化を図るための手法・概念のこと。これを実現するための統合型(業務横断型)ソフトウェアを「ERPパッケージ」と呼ぶ。

2. 必要資金例

都内に15坪程度の事務所を構え、技術者を5名程(クライアント企業に常駐)雇用して起業する際の必要資金例

(単位:千円)

創業に必要な資金項目と金額を例示した表

3. ビジネスプラン策定例

1) 売上計画例

システム開発のプロジェクト売上を含む売上計画例

(単位:千円)

年間売上計画を例示した表

2)損益計算のシミュレーション

(単位:千円)

初年度から5年目までの損益計画を例示した表
  • 必要資金、売上計画、シミュレーションの数値などにつきましては状況によって異なります。
    また、売上や利益を保証するものではないことをあらかじめご了承ください。

最終内容確認日2014年2月

関連記事