支援

宿泊施設の感染対策・改修に最大750万円:広島県

2021年 11月 1日

広島県は県内宿泊事業者が実施する新型コロナウイルス感染拡大防止対策や新しい需要に対応するための前向き投資を支援する「宿泊事業者向け感染拡大防止対策等支援事業補助金」を募集している。補助率は対象経費の4分の3(申請日前日までに支出した経費は2分の1)で、助成限度額は750万円。申請期間は12月28日まで。

補助対象経費はサーモグラフィ、アルコール噴霧器、Co2濃度測定器、サーキュレーター、マスク、使い捨て食器類などの購入や、ワーケーションスペースの増設・改築、無線LANの整備や防音加工工事、パソコンやWEB会議用のカメラの購入、非接触チェックインシステムの導入、混雑可視化システムの導入、多言語翻訳器・多言語看板の設置、県産食材を使用したメニューや商品の開発などを例示している。

詳しくは広島県のホームページ、専用サイトへ。

関連リンク