支援

被災企業の販路開拓に最大200万円:熊本県

2021年 5月 19日

熊本県と熊本県中小企業団体中央会は、2016年の熊本地震や2020年7月の豪雨災害により影響を受けた県内小規模事業者が取り組む販路開拓、生産性向上、第二創業を支援する「くまもと型小規模事業者経営発展支援事業補助金」の公募を始めた。補助率は対象経費の3分の2以内、補助上限額は200万円。6月11日まで申請を受け付ける。

補助対象者は、災害発生により事業資産が直接被災または売上減などの間接被害が生じた事業者であり、「経営革新計画」などを策定・承認されており、商工会・商工会議所の支援を受けながら取り組むことなどが要件。3~5年で付加価値額が年率3%、経常利益が年率1%の向上を達成できる取り組みであることも必要になる。

詳しくは熊本県のホームページへ。