イベント

経産大臣賞に城南信用金庫ら各賞発表:イノベーションネットアワード2020

2020年 9月 8日

日本立地センターと全国イノベーション推進機関ネットワークは9月8日、「第9回地域産業支援プログラム表彰事業(イノベーションネットアワード)2020」の受賞事業を発表した。国内各地域の優れた企業支援の取り組みを評価する表彰制度で、経済産業大臣賞には城南信用金庫(東京都品川区)の「よい仕事おこしネットワーク」が選ばれた。各信用金庫に専任コーディネーターを配置し、職員相互が能動的に取引先の地域企業と地域企業とを繋ぐマッチングが評価された。表彰式は9月29日にTKP御茶ノ水カンファレンスセンターで開催する。

地域貢献のための産学官連携では弘前大学COI研究推進機構(健康未来イノベーションセンター、青森県弘前市)の「健康ビッグデータをハブに産学官金民の強固な連携で新産業創出をめざす弘前大学『寿命革命』プロジェクト」が文部科学大臣賞を獲得。農林水産・食品分野では公益財団法人とかち財団(北海道帯広市)の「地域のものづくりを柱とする『とかち型ビジネス支援』プログラム」が農林水産大臣賞に選ばれた。

このほかの受賞者は以下の通り。

○全国イノベーション推進機関ネットワーク会長賞=学校法人光産業創成大学院大学
○一般財団法人日本立地センター理事長賞=つやま産業支援センター
○優秀賞=国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構▽特定非営利活動法人植物工場研究会▽公益財団法人にいがた産業創造機構
○全国イノベーション推進機関ネットワーク堀場雅夫賞=牛来千鶴ソアラサービス代表取締役社長

詳しくは一般財団法人日本立地センター内の全国イノベーション推進機関ネットワーク事務局のホームページから。