支援

テレワーク助成金への問い合わせ殺到:東京都

2020年 3月 24日

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、東京都が3月6日に募集を始めた事業継続緊急対策(テレワーク)助成金が人気だ。事務局の東京しごと財団には連日問い合わせ電話が殺到しており、同財団はホームページに「多くのお申し込みを頂いており、助成可能額上限に達した時点で受付を終了するため、郵送頂いても受付ができない可能性がございます」と表記したほどだ。ただ、東京都産業労働局は「まだ申請は受け付けている」と話しており、今後も問い合わせは相次ぎそうだ。

東京都のテレワーク助成金は、パソコン、タブレット、VPN(仮想専用通信網)ルーターなどの機器やソフトウエア費用の全額(250万円が上限)を助成する点が最大の特徴。対象は都内に本社・事業所を置く従業員2人~999人の中堅・中小企業で、東京都が実施する「2020TDM推進プロジェクト」の参加などが申請要件となる。

募集要項は同財団のホームページへ。

よくある問い合わせは次のPDFへ。