支援

中心市街地の空き店舗に新規出店で最大200万円:美唄市

2021年 8月 6日

北海道美唄市は、中心市街地の空き店舗などに新規出店する場合に出店者に対し、店舗の改装などの費用を補助する。中心市街地の商業集積による魅力向上や賑わいの創出が狙い。補助率は3分の2。上限は200万円。申請受け付けは12月24日まで。

対象となるのは、事業を営んでいない個人または中小企業者などが中心市街地内の空き店舗などを改装して店舗またはオフィスを開設する事業(農林漁業、医療業、金融保険業、風俗営業などを除く)。経費については事務所・店舗等開設経費や法人登録等に関する経費、販売促進に関する経費が対象。ただし、申請前に着手した事業は対象外。

詳しくは美唄市のホームページへ。