支援

自動化・安全対策に最大5000万円:岐阜県

2021年 3月 31日

岐阜県は県内中小企業のデジタル技術を活用した業務の自動化や生産性向上、セキュリティー対策などを支援する「中小企業等スマートワーク促進補助金」の募集を始めた。補助対象事業は3種類あり、補助上限額は最大5000万円。補助率は対象経費の3分の2以内。応募期間は4月28日まで。コロナ禍での「新しい日常」を見据え、県が2020年8月に発足した「スマートワーク推進ネットワーク」に加入することなどが要件となる。

このうち「デジタル変革推進事業」(補助上限額5000万円)は業務の自動化や省力化、生産性向上、低コスト化、事業変革につながるIoT・AI・クラウド・RPAを用いた設備投資、「セキュリティアセスメント事業」(同100万円)は情報セキュリティー対策のために必要な評価分析業務、「セキュリティ設備導入事業」(同400万円)は情報セキュリティー対策のために必要な設備投資が対象となる。

詳しくは岐阜県のホームページへ。

関連リンク