支援

新事業・IT活用に最大500万円:広島県

2021年 3月 19日

広島県とひろしま産業振興機構は、県内中小・ベンチャー企業の新事業展開や新たなビジネスモデルの構築などを支援する「中小・ベンチャー企業チャレンジ応援事業助成金」の1次募集を始めた。助成率は対象経費の3分の2以内で、助成限度額はIT・IoT・AIなどを活用した生産性向上や開発は500万円以内、それ以外は300万円以内。4月21日まで募集し、審査委員会でのプレゼンテーションを経て採択する。

助成対象事業は(1)革新的な研究・技術開発や試作品開発及び生産プロセスの改善(2)革新的なサービスの創出やサービス提供プロセスの改善(3)新たなビジネスモデルの構築(4)地域の特性や自らの基盤技術・サービスの優位性を活かしたブランドの構築や新たな価値の創造(5)第四次産業革命に向けてIT・IoT・AIなどを活用した生産性向上や開発—の5つ。

詳しくは、ひろしま産業振興機構のホームページへ。