支援

業態転換に最大200万円:熊本県

2021年 3月 4日

熊本県は県内中小企業によるポストコロナ・ウィズコロナを見据えた業態転換などの取り組みを支援する「中小企業者業態転換等支援事業補助金」の募集を始めた。補助率は対象経費の3分の2で、補助上限額は200万円。3月31日まで申請を受け付ける。申請には商工会や商工会議所が策定する「経営支援プログラム」が必要で、早めの相談を呼び掛けている。

対象経費は機械設備導入、システム構築、店舗改装、広報などに要する経費。具体的な事業は、飲食店によるテイクアウト部門の追加や、レンタル衣装の非対面販売を行うためのECサイト構築、宿泊業によるオンライン婚礼サービスの開始—などを例示している。新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが前年同月比10%以上減少している事業者は優先的に採択する。

詳しくは熊本県のホームページへ。

関連リンク