支援

売上7割減に最大30万円:鹿児島県

2021年 3月 4日

鹿児島県は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、売り上げが激減した県内中小企業・個人事業者の事業継続を支援する「鹿児島県事業継続緊急支援金」の募集を始めた。給付額は上限20万円で、感染拡大警報の発令に伴う飲食店への営業時間短縮要請や往来自粛要請により大きな影響を受けている時短要請対象外の飲食店や宿泊業などは同30万円。3月31日まで申請を受け付ける。

給付対象者は、2020年12月から2月までの間のひと月の事業収入が前年または前々年の同月比で70パーセント以上減少した事業者。一方、時短要請対象外の飲食店、タクシー、運転代行、飲食店の直接取引先、宿泊業、旅行業、貸切バス、レンタカー事業者については、ひと月の事業収入が同70パーセント以上減少した場合は上限額が30万円、50パーセント以上~70パーセント未満の減少は同20万円となる。

詳しくは鹿児島県のホームページへ。

関連リンク