支援

コロナ禍の課題解決に最大500万円:大阪府

2021年 2月 15日

大阪府は新型コロナウイルス感染症の影響で顕在化した社会的な課題の解決に取り組むNPO法人などを支援する「コロナ禍における社会課題解決のためのNPO等活動支援事業」の募集を始めた。インターネットで賛同者の寄付を募るクラウドファンディングで自己資金を調達し、その同額を一般財団法人村上財団が提供する。公募期間は3月14日まで。2月19日14時からオンラインで公募説明会を行う。

資金提供額は100万~500万円。公募対象はNPO法人、一般社団・財団法人、公益法人、社会福祉法人など営利を目的としない法人。4月1日~2022年3月31日に大阪府内で実施するコロナ禍で顕在化した社会課題について解決を図ろうとする事業が対象となる。

同事業は2020年度にスタート。初年度は「あいりん地域の不安定労働者就職・居住支援」「府営住宅を活用した若者への就職・居住支援」「高校と連携した子ども食堂の追加実施と子どもを見守る活動」の3つをモデル事業として採択した。

詳しくは大阪府のホームページへ。

関連リンク