支援

今治市 最大100万円の貸切バス事業者支援金

2021年 2月 12日

愛媛県今治市は、新型コロナウイルス感染症の拡大により旅行者が大幅に減少し、特に深刻な影響を受けている市内の貸切バス事業者に、市内営業所のバスの配置台数に応じて、最大100万円の支援金を支給する。

国の持続化給付金を受給していること、道路運送法に規定する「一般貸切旅客自動車運送事業」の許可を受けていることなどが要件。

支援金は、今治市内営業所への配置台数×車種別単価で算出する。

大型バスは12万円/1台、中型バスは10万円/1台、小型バスは8万円/1台。

バスは旅客を運送している車両に限る。

市の「いまばりエール支援金」との併給は認めない。

申請期間は、令和3年2月28日まで。

詳しくは、産業部観光課観光係のページで。

関連リンク