支援

感染対策に最大300万円:栃木県

2021年 2月 2日

栃木県は新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、県内の中小企業や中小企業組合の感染予防対策を支援する「栃木県地域企業感染症対策支援補助金」の募集を始めた。補助率は対象経費の3分の2以内、補助上限額は300万円(下限額10万円)。専用サイトを通じてオンラインで申請する。申請額が予算額(6億円)に達し次第、受付を終了する。

対象経費は事業区分ごとに補助金額を設定しており、「不特定多数が出入りする場所への自動検温サーマルカメラ、パーテーション設置」と「デリバリー、移動販売に必要な専用車両購入」はそれぞれ10万~50万円。「キャッシュレス決済、セルフレジ、自動精算機の導入」「セルフオーダーシステム、セルフチェックインシステムの導入」「券売機、整理券発行機の導入」「ECサイトの構築」はそれぞれ10万~100万円。

詳しくは栃木県のホームページ、専用サイトへ。

関連リンク