支援

非接触・遠隔事業に最大200万円:静岡県

2021年 2月 2日

静岡県は新型コロナウイルス感染拡大への対策として、「非接触」「遠隔」を実現する新たなビジネスモデルへの挑戦やデジタル化に取り組む県内中小企業を支援する「中小企業等危機克服チャレンジ支援事業費補助金(業態転換・新サービス展開事業)」の3次募集を始めた。補助率は事業費の3分の2以内で、補助上限額は200万円、下限額は50万円。応募は2月10日まで。

顧客に対して新商品・サービスを提供し、対象経費の合計額が75万円を超えるものが対象。例えば、AIやIoTを活用した新サービス、VRを活用した販売展開、店舗販売からEC販売へのシフト、テイクアウトアプリの導入によるデリバリーサービスの展開、オンラインビジネスへの転換に伴うテレワークの推進(企業内・事業所内で完結するテレワーク導入は対象外)、ニューノーマル時代に対応したワーケーションサービスの導入—を挙げている。

詳しくは静岡県のホームページへ。

関連リンク