支援

観光交通事業者に助成金:滋賀県

2021年 2月 2日

滋賀県は新型コロナウイルス感染症対策として、県内で貸切バス、旅客船、ロープウェイなどを営む事業者の感染対策経費を支援する「観光二次交通事業者支援助成金」を募集している。上限額は貸切バスとリフトは1台(1基)当たり20万円、旅客船やロープウェイ、ケーブルカーは旅客定員に応じて算定する。専用サイトを通じて2月20日までにオンライン申請する。

対象経費は2020年4月1日以降に購入・設置した車両などの抗ウイルス処理費、車両・待合室の換気向上費、アクリル板・ビニールシート、マスク、消毒液、空気清浄機、網戸の新設、キャッシュレス機器、サーモカメラ、体温計、手袋、自動ドアなど。申請に際しては、実際に購入したことが分かる領収書やレシートが必要となる。

詳しくは滋賀県のホームページ、専用サイトへ。

関連リンク