支援

テレワーク強化を要請:東京都が支援拡充

2021年 1月 12日

東京都は緊急事態宣言が発令されたことを受け、1月8日から2月7日を「テレワーク緊急強化月間」とし、「週3日・社員の6割以上」がテレワークを行うなどで「出勤者数の7割削減」を目指すことを事業者に要請した。これに伴い、事業者が宿泊施設をテレワーク利用する際の経費や都内宿泊施設がテレワーク環境を整備する経費を支援する「宿泊施設テレワーク利用促進事業」を拡充する。

このうち都内事業者を対象とした制度は、テレワークを行うために都内宿泊施設の借上げに要する経費を補助する。補助上限額は1日1室当たり3000円、1カ月当たり100万円で、利用期間は最大3カ月。ただし申請事業者は1日1室当たり最低1000円を自己負担する。補助対象期間は3月31日までで、2月26日まで申請を受け付ける。

一方、宿泊施設を対象とした制度は、補助率を対象経費の5分の4に、補助限度額を1施設50万円に拡充する。補助対象経費はテレワークに対応するためのデスク、チェア、プリンターなどの購入費、システム機器の設置・設定費、借上費、保守委託料など。補助対象期間は3月31日までで、2月15日まで申請を受け付ける。

詳しくは東京都のホームページへ。

関連リンク