イベント

エネルギー使用合理化シンポジウムオンライン開催:中部経済産業局

2020年 12月 14日

中部経済産業局は21年1月28日午後1時30分から4時30分まで「2030 年省エネ目標達成のために今、成すべきこととは?」と題したエネルギー使用合理化シンポジウムをオンライン開催する。定員は先着順で250人、参加は無料。

同シンポジウムは、工場や事務所など事業場でエネルギー使用の合理化や電気需要の平準化を総合的に進めるため、省エネルギー施策や省エネルギー対策の取組事例等を紹介するのが目的。

住環境計画研究所(東京都千代田区)の中上英俊会長が「脱炭素社会実現に向けて改めて省エネルギーを考える~コロナ禍を乗り越えて~」と題して基調講演。中部経産局の担当者による省エネ法と支援背策説明の後、矢橋大理石(岐阜県大垣市)設備保全チームの中村孝義課長、艶清興業(愛知県一宮市)の大島清司社長、デンソー(愛知県刈谷市)サーマルマネジメントユニット製造部の山本昭彦氏が、それぞれ自社の取り組みを紹介する。

応募方法など詳しくは中部経済産業局のホームページから。