支援

事業承継者に最大1000万円:長崎県

2020年 12月 7日

長崎県は新型コロナウイルス感染症の影響による後継者不在の県内中小企業の廃業を未然に防ぎ、地域の雇用維持や技術・技能の伝承を図るため、経営資源を引き継ぐ事業承継者を支援する「事業承継加速化補助金」の募集を始めた。補助率は2分の1で、補助上限額は1000万円。12月28日まで申請を受け付ける。

申請対象者は、中小企業間で経営資源の引き継ぎを行う事業において受け手側となる承継者であり、知事が定める要件を満たすもの。補助対象経費は、株式譲渡契約における譲渡対価、事業譲渡契約における譲渡対価、財務アドバイザー・仲介者への成功報酬、専門家へのデューデリジェンス実施に係る費用、司法書士への不動産登記に係る費用など。

詳しくは長崎県のホームページへ。

関連リンク