支援

IT補助金に最大50万円上乗せ:広島県

2020年 11月 26日

広島県は国の「サービス等生産性向上IT導入支援事業(特別枠C類型-2)」補助金を活用して非対面型ビジネスモデルへの転換に取り組む県内中小企業に対して上乗せ補助する「新たなビジネスモデル構築支援事業(導入支援)補助金」の公募を始めた。補助率は12分の1で、補助上限額は50万円。2021年3月31日まで募集するが、予算上限に達し次第募集を締め切る。

補助対象者は12月18日までに国のIT導入補助金(特別枠C類型-2)に交付申請し、採択された企業。県が上乗せ補助することで、事業者の自己負担は経費の6分の1に軽減される。また新たなビジネスモデルの実践に向けた業務フローの見直しや具体的な導入検討について専門家を派遣する。対象者は50事業者を予定している。

詳しくは広島県のホームページへ。