支援

リモートオフィスに最大500万円:鳥取県

2020年 11月 26日

鳥取県は未利用の施設・空室・スペースを活用し、テレワークに適したリモートオフィスを開設する県内企業を支援する「鳥取県リモートオフィス環境整備支援補助金」を創設した。補助率は3分の1で、補助限度額は500万円。整備した施設を3年以上継続してリモートオフィスとして運営するよう努めることなどが条件となる。

照明・空調の改修、パーテーション設置、Wifi環境・セキュリティー対策費、テレワーク用ブース設置などの改修に加え、1件10万円以上の機器・設備の取得費用、機器・設備の賃借費用(初年度分のみ)が対象となる。遊休空間をシェアオフィスに改装したり、 旅館・ホテルの一部をビジネス向けに活用したりする事業者などを想定しており、県内各市町村の支援制度との併用も可能だ。

詳しくは鳥取県のホームページへ。

関連リンク