支援

三鷹市 最大20万円の新規創業者支援金

2020年 11月 25日

東京都三鷹市は、創業して間もなく新型コロナウイルス感染拡大により影響を受けた市内事業者に創業経費の一部を20万円まで補助し、事業の継続を支援する。

令和2年3月1日から8月31日までに市内で創業したこと、事業に必要な許認可を得ていることなどが要件。

補助対象経費は、以下の通り。

◇市内の事務所、店舗、駐車場の取得費、建築費、改装費
◇市内の事務所、店舗、駐車場の賃借契約に関する仲介手数料、礼金。敷金、保証金は対象外。
◇市内の事務所、店舗などに設置・利用する設備と備品の購入費。一括で会計処理できる経費(配送料や組立・据付工事費用)も対象となる。
◇市内の事務所、店舗、駐車場の賃借料や共益費(3カ月分)
◇販路開拓や顧客獲得を目的とした広告宣伝、パンフレット・ホームページ作成、展示会出展経費
◇創業に関して外部専門家らに相談し、助言・指導を受けた際に手数料として支払った経費。顧問契約費用は対象外。

補助対象期間は、創業日前2カ月から創業日後3カ月まで。

補助率は、2分の1。

申請受付期間は、12月10日まで。

詳しくは、生活環境部生活経済課商工労政係のページで。

関連リンク