支援

信書制度説明会をオンライン開催:北海道総合通信局

2020年 11月 24日

北海道総合通信局は2021年1月20日午後2時30分から3時50分まで、民間企業者の参入が解禁された信書便制度に関する説明会をWeb開催する。信書の正しい送達方法、信書便の制度やサービスの利用例、信書便事業参入などを説明する。ビジネス参入を考えている人のみならず、信書便を利用する企業にも役だちそうだ。参加費は無料。

信書便とは納品書、領収書、契約書、照会書などの書類や免許証、認定書などの許可書など「特定の受取人に対し、差出人の意思を表示し、又は事実を通知する文書」のこと。2003年4月に民間事業者による信書の送達に関する法律が施行され、国の独占だった信書送達事業に民間事業者が参入できるようになっている。

説明会参加希望者は所定の申込書に団体名、所属、氏名及び連絡先等を記載し、電子メールまたはファクシミリで申し込む。締め切りは21年1月13日。

詳しくは北海道総合通信局のホームページから。