イベント

サイバーセキュリティ専門人材登録更新へ特定講習実施:経産省

2020年 11月 18日

経済産業省が情報処理安全確保支援士「登録セキスペ」の特定講習を実施する。2020年5月に導入されたサイバーセキュリティ専門人材の国家資格を登録更新するための講習で、対象は登録セキスペを有する民間企業。

登録セキスペは企業のサイバーセキュリティ確保を支援するため最新の知識や技能を備えた専門人材。国の登録簿に登録され、登録から3年ごとに更新を受けなければ、効力を失い、更新にあたってはサイバーセキュリティの最新講習を受けることが義務づけられている。

講習は(1)最新のサイバーセキュリティに関する知識・技能及び遵守すべき倫理などを修得する共通講習(年1回)(2) 知識・技能の実践的な活用力などの修得を目的とする実践講習(3年に1回受講)の2種類。外部有識者と経産省が資格審査する。

講習申請は必要書類の電子データを記録したCDまたはDVDを提出する。募集期限は12月15日。審査を経て21年2月を目途に告示し、同4月1日に施行予定。

詳しくは経産省のホームページから。