支援

新型コロナウイルス感染症特別利子補給助成金、オンライン申請も:中小機構

2020年 11月 13日

中小機構が新型コロナウイルス感染症特別利子補給助成金のオンライン受付を開始している。従来は郵送のみだったがオンライン申請で迅速に手続きできるようになった。

同事業は、日本政策金融公庫、沖縄振興開発金融公庫、商工組合中央金庫および日本政策投資銀行の「新型コロナウイルス感染症特別貸付」・「危機対応業務(危機対応融資)」など、特別利子補給の対象となる貸付を受けた事業者が売上高減少など一定の要件を満たす場合、貸付を受けた日から最長3年間にあたる利子相当額を一括して助成し、実質的な無利子化とするもの。

貸付の申込を行った際の最近1か月、その翌月又はその翌々月の売上高が前年又は前々年の同期と比べてどの程度減少しているかをみる「売上高要件」はフリーランスを含む個人事業主は不問だが、小規模企業は15%以上の減少、中小企業は20%以上の減少が適用条件。

オンライン申請は、借入をしている公的金融機関から申請書類を受け取り、記載されている番号を入力する。申請期限は12月31日。

詳しくは中小機構の特設サイトから。