支援

創業支援に最大150万円:山形県

2020年 11月 9日

山形県は産業を牽引する中核的ビジネスの担い手となるスタートアップの創業を支援する「山形県スタートアップ(創業)支援事業費補助金」の公募を始めた。補助率は2分の1以内で、補助上限額は「創業立ち上げ事業」が150万円、「事業化促進事業」は100万円。11月27日まで募集し、12月下旬に採択・交付決定する。

創業立ち上げ事業は4月1日~2021年3月31日に創業した人・創業する人、事業化促進事業は2018年4月1日~2021年3月31日に創業した人・創業する人が対象。両事業に応募することも可能だという。

具体的な事業分野は、技術分野として有機エレクトロニクス、バイオテクノロジー、AI・IoT・ロボット、デジタルテクノロジー、産業分野として医療・健康・福祉、スマート農業、 次世代モビリティ、環境・エネルギー、日本酒・ワインなどの地域特産品や伝統産業を活用したサービス、移住・観光など地方に人を呼び込む、または地方と地方をつなぐ産業—を例示している

詳しくは山形県のホームページへ。