支援

情報セキュリティの出前指導、参加企業募集中:IPA

2020年 10月 26日

情報処理推進機構(IPA)は全国の中小企業400社を対象に「中小企業の情報セキュリティマネジメント指導業務」を実施する。10月末から21年1月にかけ、セキュリティの専門家を1社あたり4回派遣し、業務現場に即したリスクの洗い出しから、マネジメントに必要なセキュリティ基本方針や関連規程の策定に向けた支援を行う。参加費は無料。

IT化の進展でセキュリティの重要性は増すばかりだが、「何から手を付けたらいいかわからない」「対策はやっているが十分などうかわからない」「テレワークを導入したが、セキュリティ対策はこれでいいのか」など、疑問を抱く中小企業の経営者は少なくない。自社の機密情報や顧客情報を守るために専門家の知識を活用したい。

専門家訪問は1回あたり約2時間。申し込み期限は12月上旬の予定だが、全国400社なので早めの申し込みが肝要だ。

申し込み方法など詳しくはIPAのホームページから。