支援

「ポストコロナ」時代に向けたデジタル活用策を募集:総務省

2020年 10月 26日

総務省が「ポストコロナ」時代に向けたデジタル活用に関する提案を募っている。新型コロナウイルス感染症拡大を防ぐため、非対面・非接触での生活様式を可能とするデジタルサービスの活用が急速に広まっている。コロナ収束後も継続することが予想されるが、日常生活やビジネスの場で課題や問題点、改善策はないか、広く募集する。

寄せられた提案は10月23日に発足した「『ポストコロナ』時代におけるデジタル活用に関する懇談会」(座長:村井純 慶應義塾大学教授)で議論し、新たな日常の確立と経済再生・地域活性化の実現をめざす政策に役立てる方針だ。

提案は所定の様式に従い、11月13日午後5時必着。

詳しくは総務省のホームページから。

関連リンク