支援

M&Aに最大200万円:秋田県

2020年 10月 22日

秋田県は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う景況悪化により、廃業を検討している県内中小企業の事業引き継ぎや、非常事態対応力を強化する県内中小企業の事業拡大を支援する「M&A支援事業」の公募を始めた。補助率は対象経費の3分の2以内で、「M&A実現型」は上限200万円、M&A促進型は同100万円。募集期間は11月13日まで。

補助対象事業のうち、M&A実現型は補助事業期間内でのM&A成立が見込まれる県内中小企業のM&A手続きで、デューデリジェンスの実施、登記変更・許認可取得、仲介契約成功報酬の支払いなどが対象。一方、M&A促進型は中小企業がM&Aに取り組むために行う手続きで、仲介契約の締結、企業概要書の作成、ロングリスト/ショートリストの作成、マッチングプラットフォームによる相手方探索などが対象となる。

詳しくは秋田県のホームページへ。

関連リンク