支援

ICT活用の中小建設業者に支援金:国交省

2020年 10月 14日

国交省がICTを活用した施工管理に本格的に取り組む中小・中堅建設企業を公募中だ。担い手や後継者不足に加え、新型コロナウイルス感染症の影響で事業継続の危機に直面している中小建設業者が少なくないためで、「ICT活用施工管理モデル事業」として400万円を上限に支援する。

ウェアラブルカメラやタブレット、ロボット、AIなど、先進的技術を用いた建設現場における遠隔・無人での施工管理を行う取組などが対象。モデル事業として採択された企業は支援金支給のほか、モデル的取組として広く一般に紹介する予定。

あわせて元請・上位下請企業が、下請企業と協力して多能工化を推進する取組に100万円を上限に支援する「多能工化推進モデル事業」も公募中だ。いずれも申込は郵送や電子メールで、締め切りは10月30日。

募集要項などしくは国交省のホームページから。