支援

海外渡航者新型コロナウイルス検査センター(TeCOT)が本格稼働:政府

2020年 10月 12日

海外渡航者新型コロナウイルス検査センター(TeCOT)が10月8日から本格稼働している。ビジネス目的の海外渡航者が新型コロナウイルス感染症の検査を受けることが可能な医療機関をオンラインで検索・予約できる。利用には1つのID・パスワードで様々な行政サービスにログインできるGビズIDの取得が必要だ。

当面、TeCOTを利用できるのは日本企業の役職員、所属団体があるスポーツ選手、フリーランスを含む個人事業主、所属団体がある研究者、国・地方公共団体の公務員。国籍による区別はないので在留外国人も利用できる。今後は留学生や旅行代理店による利用も検討する予定だ。

関連リンク