イベント

優れた新技術・新製品を募集:りそな中小企業振興財団など

2020年 10月 7日

りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社は、第33回「中小企業優秀新技術・新製品賞」(中小企業庁、中小機構後援)の募集を始めた。最優秀だと認められた新技術・新製品には中小企業庁長官賞(一般部門)、中小企業基盤整備機構理事長賞(ソフトウエア部門)を贈賞するほか、副賞として100万円を贈呈する。応募の締め切りは11月30日。

同賞は中小企業の技術を振興するため毎年1回、優秀な新技術・新製品を表彰する制度。「一般部門」と「ソフトウエア部門」の2部門があり、2019年~20年の2年間で開発を完了または発売した新技術・新製品、ソフトウエアが対象となる。長官賞と理事長賞のほか、優秀賞十数件(副賞100万円)、優良賞十数件(同30万円)、奨励賞十数件(同10万円)を贈賞している。

詳しくは、りそな中小企業振興財団のホームページへ。