支援

一関市 宿泊施設に「新しい生活様式」対応給付金

2020年 9月 18日

岩手県一関市は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている市内の宿泊事業者が、新しい生活様式に対応するための給付金を支給する。

給付金は、宿泊施設の収容人数に応じて、以下の定額を支給する。

収容人数20人以下⇒10万円
同21人以上30人以下⇒20万円
同31人以上50人以下⇒30万円
同51人以上100人以下⇒40万円
同101人以上⇒50万円

入湯税特別徴収義務者には、50万円を加算する。

事業者が市内で旅館業許可を複数受けている場合は、許可を受けている宿泊施設ごとに支給する。

申請期間は、9月30日まで。

詳しくは、一関市新型コロナウイルス感染症対策本部(経営支援班)のページで。

関連リンク