支援

国内生産回帰に最大2000万円:福島県

2020年 9月 17日

福島県は新型コロナウイルス感染症の影響によるサプライチェーン(供給網)の毀損を受け、国内生産拠点を新設したり、サプライチェーンの再構築を調査したりする県内中小企業を支援する「新型コロナウイルス対策サプライチェーン強化支援事業補助金」を9月30日まで公募している。補助率は3分の2で、補助上限額は2000万円(調査などソフト事業のみは200万円)。

海外の生産拠点を県内にも確保することや、海外に発注していた部品の自社製造への切り替え、新たな受注に対応するための設備導入、またはサプライチェーン再構築のための調査など、ハード・ソフト両面が対象となる。国の「サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金」と同じ内容で応募申請することは可能だが、国補助金が採択された場合、県補助金を重複して受給はできない。

詳しくは福島県のホームページへ。

関連リンク