支援

国内生産回帰に最大15億円:熊本県が補助率2倍に

2020年 9月 17日

熊本県は新型コロナウイルス感染症拡大の影響によるサプライチェーンの国内回帰に伴い、県内に進出する企業や設備を増設する企業に対し、「熊本県企業立地促進補助金」の補助率を最大2倍に引き上げる。半導体、自動車関連など対象5分野の製造業は現行の補助率3%を6%(限度額15億円)に、一般製造業は同2%を4%(同5億円)に引き上げる。

補助対象は、(1)国の「サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金」の補助要件を満たす事業(申請・採択の有無は問わない)(2)同補助金の要件を満たす大企業の生産拠点の国内回帰(部品調達先の変更など)に伴い、生産ラインの新設・増設を行う事業—の2種類。国から3分の2を超える補助金を受け取る場合は対象とならない。2021年3月31日までに熊本県と立地協定を結ぶことが条件となる。

詳しくは熊本県のホームページへ。

関連リンク