イベント

特定技能外国人材受け入れセミナーオンライン開催:経産省

2020年 9月 16日

経産省が「製造業における特定技能外国人材受入れセミナー」をオンラインで開催中だ。今秋開催を予定している「製造分野特定技能1号評価試験」の説明、受け入れに関する質疑応答のほか、実際に特定技能外国人を受け入れている企業の事例を紹介する。これから特定外国人材の受け入れを考える中小事業者に役立つセミナーだ。

2019年4月1日、改正出入国管理及び難民認定法が施行され、新たな在留資格として「特定技能」が創設された。製造業は素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業の3分野が、在留資格「特定技能1号」の受入れ対象分野になっている。

今後のセミナー実施予定は9月25日、30日、10月2日、7日のいずれも午後1時から3時。参加費は無料で定員は各回80人。

詳しくは経産省のホームページから。