支援

業種別支援策リーフレットを更新:中企庁

2020年 8月 7日

経済産業省中小企業庁は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている事業者に対して各種支援制度を分かりやすく紹介する「業種別支援策リーフレット」の内容を更新した。日本政策金融公庫と商工中金による「新型コロナ対策資本性劣後ローン」の活用を追加した。

新型コロナ対策資本性劣後ローンは、金融機関が資本とみなせる資本性劣後ローンを供給し、民間金融機関からの円滑な金融支援を促すもの。貸付限度は日本公庫国民事業が7200万円、日本公庫中小事業と商工中金は7億2000万円となっている。

業種別支援策リーフレットは、相談窓口への問い合わせが多い「飲食業」「製造業」「卸売業」「小売業」「宿泊業」「旅客運輸業」「貨物運輸業」「娯楽業」「医療関係」の9業種ごとに、利用できる支援策をまとめた。持続化給付金をはじめ、家賃支援給付金、雇用調整助成金などの支援策を掲載している。

詳しくは経産省のホームページへ。

関連リンク