支援

宿泊施設バリアフリー化費用の半額を補助:観光庁

2020年 8月 5日

観光庁が、旅館・ホテルなど宿泊施設が実施する客室や共用部のバリアフリー化改修などに補助金を出す。「訪日外国人旅行者受入環境整備緊急対策事業費補助金(宿泊施設バリアフリー化促進事業)」の公募で、客室トイレのバリアフリー化や車椅子対応、エレベーターの設置、ワーケーションスペースの整備などで、1宿泊事業者あたり500万円を上限に半額を補助する。

バリアフリー化の事業計画を申請。審査はバリアフリー効果が特に高いと認められるものから随時認定する。申請後、補助金交付決定通知までに2カ月程度で交付決定通知を後に施工事業者と契約を締結することが可能だが、工事は2021年2月28日までに完了する必要がある。

申請締め切りは9月11日。申請された事業計画額累計が予算の上限に達した場合は、期限を前倒して公募を終了する場合があるので、早めの申請が肝要だ。

詳しくは観光庁のホームページから。