イベント

「輝くテレワーク賞」公募中:厚労省

2020年 8月 5日

厚労省が2020年度「輝くテレワーク賞」を募集している。同賞は「テレワーク推進企業等厚生労働大臣表彰」の通称で、テレワークの活用で労働者のワーク・ライフ・バランスの実現に顕著な成果を上げた企業や団体、個人を厚生労働大臣が表彰するイベントだ。情報通信技術(ICT)で時間や場所を有効に活用する「テレワーク」は、子育てや介護と仕事の両立などワーク・ライフ・バランスの向上に役立つほか、生産性の向上や雇用の創出や新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点からも一層の活用が求められている。

表彰は企業と個人の2部門があり、企業部門はテレワークでワーク・ライフ・バランスの実現を図っている企業のうち取り組みが優秀と認められる「優秀賞」と、テレワーク導入にあたり他企業の模範になる取り組みを行っている「特別奨励賞」を選出。個人部門は雇用型テレワークの普及・推進に貢献した人を「個人賞」として選ぶ。

応募締め切りは9月4日。学識経験者などが審査し、10月末ごろに結果をホームページなどで発表し、11月30日(月)に開催予定の「テレワーク・シンポジウム」で表彰式を行う。

詳しくは厚労省のホームページから。

関連リンク