支援

休業指示でも手当が出ない従業員に給付金:7月10日から郵送受付開始中

2020年 7月 13日

厚労省は新型コロナウイルス感染症の影響で休業させられた中小企業の労働者のうち、休業中に休業手当を受けることができなかった人に、休業支援金・給付金を支給、7月10日からオンライン申請に先立って郵送受付を開始した。労働者本人からの申請のほか、事業主がまとめて申請することも可能だ。

対象は今年4月1日から9月30日までの間に事業主の指示で休業し、休業手当の支払いのない中小企業の労働者。1日当たり1万1000円を上限にした支給額に休業日数をかけた金額を支給する。必要書類は(1)申請書(2)事業主の指示による休業であることを確認できる支給要件確認書(3)本人確認書類(4)口座確認書類(5)休業開始前賃金及び休業期間中の給与を証明できるものを添付して申請する。

詳しくは厚労省のホームページおよび経産省の支援策パンフレットから。

関連リンク