支援

感染対策設備に最大600万円:石川県

2020年 7月 10日

石川県は新型コロナウイルス感染拡大防止を目的に、県内中小企業による「3密」防止や遠隔ビジネスなどの設備導入を支援する「コロナ時代に適応する設備導入支援事業」の公募を始めた。補助上限額は600万円(下限額50万円)で、対象経費の4分の3以内を助成する。公募期間は7月31日まで。

補助対象となる事業は、ライン生産からセル生産に移行するための設備導入、 ロボットの導入による製造工程の無人化・自動化、換気設備の新設、工場・事業所内の接触感染を予防するセンサー・キーレス導入、訪問出張の制限に対応するWeb会議システムの設備導入、 対人業務を簡素化するための非対面型・非接触型システムの構築、配膳の自動搬送機の導入、 サプライチェーン毀損に対応する内製化のための設備導入などを例示している。

詳しくは石川県のホームページへ。

関連リンク