支援

健康保険・厚生年金保険料変更が翌月から可能に:新型コロナで特例

2020年 7月 1日

厚労省は7月1日までに厚生年金保険料等の標準報酬月額の特例を改定した。新型コロナウイルス感染症の影響で勤務先が休業し報酬が著しく下がった人は、健康保険・厚生年金保険料の標準報酬月額の変更が、通常の4か月目ではなく特例で翌月から可能になる。

対象になるのは(1)新型コロナウイルス感染症の影響による休業(時間単位を含む)で今年4月から7月までの間に、報酬が著しく低下した月が生じた人(2)著しく報酬が低下した月に支払われた報酬の総額(1か月分)がすでに設定されている標準報酬月額に比べて2等級以上下がった人(3)この特例措置に書面で同意している人。

休業で報酬等が急減した翌月の5月から8月分保険料が対象で、来年1月末日までに届出が必要だ。申請は特例改定用の月額変更届に申立書を添付し、最寄りの年金事務所へ持参するか郵送する。関係書類は日本年金機構ホームページからダウンロードできる。

詳しくは日本年金機構のホームページから。

関連リンク