支援

航空宇宙分野でマッチング:関東経産局が中小機構と連携

2020年 6月 30日

関東経済産業局は中小機構と連携して、航空宇宙分野のメーカーとの取引を希望するサプライヤー企業を募集し、マッチングする事業を始める。中小機構が運営するマッチングサイト「J-GoodTech(ジェグテック)」に航空宇宙関連メーカーのニーズを掲載。取引を希望する企業は提案書を作成してジェグテック上で提出し、関東経産局を通じて商談に進む仕組みだ。公募は2回に分けて実施し、1次公募の提出期限は8月24日。

ジェグテック上で公募を始めたバイヤー企業とニーズは、ナブテスコ(アクチュエータ電動化開発パートナー、量産外注パートナー)、米Farwest Aircraft(航空機整備用器材、治工具類の受託製造)、多摩川精機(防衛・宇宙用部品の5軸マシニング加工を得意とするサプライヤーなど)、トヨタ紡織(アルミ切削~表面処理までの一括対応可能な製造委託先など)の4社10件。ニーズの詳細を確認するにはジェグテックへの会員登録が必要となる。

このほか2次公募分のIHIエアロスペースは7月下旬にニーズを公開し、公募を開始する。いずれもニーズを提案した企業から選定された場合、両社間で商談方法・場所・時期を調整する。

詳しくは関東経産局のホームページへ。