支援

国の給付金に10万円上乗せ:福島県

2020年 6月 29日

福島県は新型コロナウイルス感染拡大に伴い売り上げが大幅に減少した事業者に対し、定額10万円を交付する「福島県新型コロナウイルス感染症拡大防止給付金」の申請受付を始めた。「新しい生活様式」に対応する取り組みを支援する目的。4月か5月の売り上げが対前年同月比50%以上減少したことを理由として国の持続化給付金の交付を受けた、または国の持続化給付金の対象者要件を満たすことなどが条件。申請は9月30日まで。

対象となるのは食料品売場、衣料品店、酒屋、本屋、花屋、自動車販売店、バス、タクシー、物流サービス(宅配等含む)、理美容店、不動産屋、結婚式場、クリーニング店、キャンプ場、ゴルフ練習場、歌手、スポーツインストラクター、建築設計士などを例示している。県の要請に応じて施設の休止や営業時間短縮に協力し「福島県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」を支給された中小企業・個人事業者は対象外となる。

詳しくは福島県のホームページへ。

関連リンク