支援

エアコン付随機器に新JIS規格:経産省

2020年 6月 22日

経産省は6月22日、2020年6月分の日本産業規格(JIS)を制定・改正内容を発表した。オフィスビル、小売店舗、病院、工場等の業務用空調システムに付随する調湿外気処理機のうち、ヒートポンプデシカント方式の性能や試験方法などの規格を制定した。性能比較が定量的に可能になるため、消費者は製品選択を簡単にできる。製造や販売にかかわる事業者は新規格を熟知することが必要だ。

今回のJIS規格制定は、ヒートポンプデシカント方式の新規格のほか、救急自動通報システムの障害推定アルゴリズム、システム及びソフトウェアを開発・利用する共通の枠組みなど全13件、改正は10件。

詳しくは経産省のホームページから。