イベント

コロナを乗り越える経営手法:中小機構が仙台でセミナー

2020年 6月 19日

中小機構東北本部は中小企業向けセミナー「現場力を高め、危機を乗り越える最新マネジメント」を7月29日14~16時に仙台第一生命タワービル(仙台市青葉区)で開く。新型コロナウイルス感染拡大防止後の経済回復を見据え、社員や現場に活力を与え、危機を乗り越えるマネジメントを学ぶ。参加費は無料で、定員25人(先着順)。

新型コロナの感染拡大や相次ぐ自然災害の発生など、先の読めない経営環境はVUCA(ブーカ、変動性・不確実性・複雑性・曖昧性の4つの頭文字をとった言葉)と呼ばれ、経営者・管理者は迅速な判断・方針を示すことが求められる。これに対し、新たな意思決定手法であるOODA(ウーダ、観察・状況判断・意思決定・行動の頭文字をとった言葉)ループ・マネジメントをコンサルタントの溝井伸彰氏が解説する。

詳しくは中小機構東北本部のホームページへ。

関連リンク