支援

医療機器開発・事業化に助成金:都振興公社

2020年 6月 17日

東京都中小企業振興公社は都内のものづくり中小企業の医療機器産業分野への参入を促進するため、医療機器開発の事前検証・初期試作の経費や事業化経費を助成する。新型コロナウイルス感染症防止のため、感染症対策に役立つ機器開発や事業は助成要件が緩和される。

医療機器などの開発構想を支援する「開発着手支援」は上限500万円、開発から事業化までを支援する「事業化支援」は同5000万円で、助成率は3分の2。助成対象期間は2021年1月1日からで、開発着手は3年12月末、事業化支援は7年12月末まで。予約制の事前ヒアリングを経て、9月29日から10月8日までに申請する。

詳しくは都振興公社のホームページから。

関連リンク