支援

テレワーク通信機器納品遅延でも助成金:厚労省

2020年 6月 17日

厚労省は、新型コロナウイルス感染症対策のためテレワーク導入を決めたものの、通信機器の納品遅延などで申請した事業実施期間内に取組を行うことが困難な事業者を救済するため、「働き方改革推進支援助成金」の助成対象となる事業実施期間を「6月30日または交付決定後2か月を経過した日のいずれか遅い日」まで延長した。同時に支給申請の期限も9月30日まで延長した。

すでに同助成金を申請済みの事業者が対象。助成実施期間延長に伴う手続きは不要だ。

詳しくは厚労省のリーフレットから。

関連リンク