支援

御殿場市 最大30万円の「持続可能支援事業給付金」

2020年 6月 16日

静岡県御殿場市は15日、新型コロナウイルス感染症の影響が著しく出ている中で営業を継続している市内事業主を支援する「御殿場市版持続可能支援事業給付金」の申請受付を始めた。

申請に際しては、売り上げが50%以上減少していることが必要。
給付金額は、以下の要件別に定めている。

◇令和2年4月あるいは5月の売上実績が、前年同月比で10万円以上100万円未満減少している場合は10万円
◇令和2年4月あるいは5月の売上実績が前年同月比で100万円以上500万円未満減少している場合は20万円
◇令和2年4月あるいは5月の売上実績が前年同月比で500万円以上減少している場合は30万円

申請期限は6月30日。

詳しくは、商工振興課のページで。

同市は、全国でいち早く「休業協力金」制度を立ち上げただけでなく、バー、キャバレー、ナイトクラブなどを対象とした最大100万円の「休業補償金」制度を追加して、新型コロナウイルス感染症拡大防止策に努めている。

関連リンク